DHA・EPAが耳鳴りに効果的な理由

DHA・EPAが耳鳴りに効果的な理由

DHA,EPA,耳鳴り,効果

 

DHA・EPAは必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸の一つで、マグロやブリ、サンマ、サバ、イワシなどの魚などに多く含まれており、特に魚を焼いたときに出る油分の中に多く含まれています。DHAとEPAの違いは次の通りです。

 

DHA(ドコサヘキサエン酸)

DHAには血管の壁を柔らかくして血流を促す働きがあります。また、神経系の細胞の成分にもなるので、脳の活動を活性化させます。DHAは体内でEPAから作られる成分なので、EPAを摂取していれば不足することはありません。しかし、DHAには酸化しやすい(空気に触れることで傷みやすい)特徴があります。魚の刺身が空気に触れるとすぐ悪くなってしまうのと一緒で、空気中に晒されるとすぐに傷んで品質が低下してしまいます。そうなってしまうとせっかく摂取しても効果が得られなくなってしまうのです。

 

EPA(エイコサペンタエン酸)

血液や血管を健康な状態にし、血液をサラサラにする効果があります。しかし、EPAは外から摂取しないと減少してしまうので、意識的に摂るようにすることが大切です。

 

 

以上より、DHA・EPAには脳の神経細胞を再生する力や血管を守って血流を促進する効果が期待できます。特にストレスが原因で耳鳴りが聴こえる人は、高血圧により脳の血流に異常が生じているケースが多いです。なので、DHA・EPAを摂ることで「脳内の血流が良くなる⇒血圧が下がる⇒耳鳴り改善や予防に役立つ」ということになります。

 

また、DHA・EPAの摂取量は厚生労働省が1日1gを推奨しています。しかし、この量は、サンマやイワシ1匹分、マグロのトロの刺身2〜5切れ、ハマチの刺身3〜5切れくらいに相当するので、毎日の食事で魚から摂るのは難しいと言われています。なので、足りない分はサプリメントで補うのが良いでしょうということです。

 

それから注意事項として、1日3g以上は過剰摂取になり、副作用の危険性があるので注意が必要です(吐き気、下痢、鼻血、怪我による出血が止まりにくくなるなど)。特に血を固まりにくくする薬や血圧を下げる薬を服用している場合は、DHA・EPAと併用する前には必ずかかりつけの医師に相談することをおすすめします。

 

>>DHA・EPA健康食品選びのポイントとは?