蜂の子が耳鳴りに効果的な理由

蜂の子が耳鳴りに効果的な理由とは?どんな耳鳴りにでも効くの?

蜂の子,耳鳴り,効果

 

最近、蜂の子が耳鳴りや難聴などの耳の疾患に良いという話を耳にしますが、「どうして蜂の子が耳鳴りに効果的なの?」と疑問に思う方も少なくないと思います。

 

蜂の子は中医学では「蜜蜂子」と呼ばれ、一般的にはオスのミツバチのさなぎのことを指しています。オスのミツバチは全体のたった2%しか生まれないので、メス蜂に比べて3倍のローヤルゼリーやハチミツ、花粉を混ぜた食事を食べて大事に育てられます。なので、メスの幼虫より栄養分を多く持っています。

 

特にさなぎの蜂の子は、羽化するために必要なエネルギーを豊富に持っているので、栄養価が高く、アミノ酸の含有量はローヤルゼリーの3倍以上とも言われています。また、蜂の子には炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素をバランスよく含んでおり、中でもタンパク質の元になるアミノ酸を多く含んでいます。

 

さらに蜂の子のアミノ酸は、必須アミノ酸9種類を含む18種類をバランスよく含んでいます。アミノ酸は1つでも欠けていると体内では上手く効果を発揮しないと言われているので、アミノ酸をバランスよく含んでいる蜂の子はとても栄養価が高い食材と言えます。

 

アミノ酸の中には、自律神経を調整する物質であるセロトニンを生成するトリプトファンと呼ばれる成分が存在しているので、アミノ酸を多く含む蜂の子は自律神経の乱れ(ストレス)が原因となる耳鳴り(キーンという高い音)に効果が期待できることになります。

 

また、老化による耳鳴りも長期間続くとストレスに感じ、自律神経が乱れてさらに悪化するケースが多くなっています。そのため、蜂の子は老化が原因で起こる耳鳴りにも効果的に働いてくれるというわけです。

 

それから、蜂の子には次の成分も配合されています。

 

  • 亜鉛、マグネシウム⇒聴力改善効果
  • カルシウムなどのミネラル⇒ストレス軽減効果
  • ビタミンB群⇒疲労回復

 

蜂の子にはこれらの成分も入っていることから、耳だけでなく、全身の健康にも良いということがわかりますね^^

 

蜂の子サプリ選びのポイント