突発性難聴

突発性難聴の特徴

突発性難聴

 

突発性難聴とは、片耳が突然聞こえなくなる病気です。患者数は年間4万人で、3千人に一人がかかる病気と言われています。ウイルスや血流の悪化、免疫細胞の障害などが原因という説もありますが、本当の原因はまだわかっていません。誰にでも起こりうる病気なので、注意が必要です。

 

突発性難聴の対策

実際のところ、原因がわからないので予防のしようがありませんが、強いストレスや睡眠不足で疲労が溜まっているときに発症しやすいと言われています。なので、ストレスを溜めず、身体に負担をかけすぎないことが大切です。

 

また、治療を始めるが遅いと聴力が戻りにくくなるため、耳の異常を感じたらすぐ耳鼻科医に行くこと(遅くとも2週間以内)も今後の病状を左右するので重要になります。

 

 

突発性難聴の治療法

病院では、副腎皮質ホルモン薬(ステロイド薬)、利尿薬、ビタミン薬、血流改善薬などが入っている飲み薬が処方されることが多いです。また、症状が重いと入院することもあります。

 

 

突発性難聴は「感音難聴」の一種

難聴には「伝音難聴」と「感音難聴」があり、突発性難聴は「感音難聴」の一種と言われています。

 

伝音難聴

外耳や中耳の障害が原因で起こる難聴で、中耳炎などの炎症や耳垢がたまることで起こります。

 

感音難聴

内耳の障害が原因で、長時間大音量を聴きすぎてなったり、老化や薬物によって発生したりしますが、原因がはっきりしないケースが多いです。予防や完治が難しく、適切な治療をしても完治する人は全体の約3分の1と言われています。