低音障害型感音難聴

低音障害型感音難聴の特徴

低音障害型感音難聴

 

低音障害型感音難聴は、20〜40代の若い女性がかかりやすい「感音難聴」の一種です。突然少し耳が詰まった感じになったり、「ワーン」や「ボー」といった低音の耳鳴りが聞こえたりするようになります。また、低音障害型感音難聴は別名「蝸牛型メニエール」とも呼ばれています。めまいを伴わないメニエール病の症状に近いということから、その異名が付けられています。

 

ちなみにメニエール病とは、ストレスが原因で若い女性がめまいを起こす病気で、厚生労働省で特定疾患に指定されている難病になります。

 

低音障害型感音難聴は比較的聴力を取り戻しやすい病気ですが、完治は難しく、発作を何度も繰り返す特徴があります。なので一度発症してしまったら、その後は病気と上手く付き合っていかなければならないことになります。

 

低音障害型感音難聴の原因

蝸牛に内リンパ液がふえすぎたことが原因で起こります。そのメカニズムははっきりとは解明されていませんが、疲労やストレス、睡眠不足が背景にあると言われています。

 

低音障害型感音難聴の予防法

規則正しい生活をし、睡眠を十分にとってストレスを溜めないことです。

 

低音障害型感音難聴の治療法

病院では、神経代謝賦活剤やビタミン剤、精神安定剤などの飲み薬が処方されるケースが多いです。場合によってはイソソルビド、副腎皮質ホルモンなども投与されることがあります。