耳鳴りの原因と対策

耳鳴りとは

耳鳴りには、次のような種類があります。

 

  • キーン
  • ジー
  • ザー
  • ボー
  • ギーコギーコ
  • ピー
  • ワーン
  • ゴロゴロ

 

耳鳴りは人口の10〜15%程度の人が感じていると言われています。そもそも耳鳴りとは、周りの人に聞こえない音が自分だけに聞こえる現象で、ひどくなると眠れなくなったり、うつ状態になったりすることもあります。耳鳴りは気にすればするほど慢性化して悪化する可能性があります。そこで、まずは耳鳴りの原因やメカニズムをしっかり知ることが改善への第一歩となります。

耳鳴りの原因と対策

耳鳴りの原因は人それぞれ様々で、まだはっきりとは解明されていないものも多いですが、原因として考えられることを一通り挙げてみます。

ストレス

 

日々の生活習慣の中で発生するストレスが原因となる場合があります。
ストレスを溜め過ぎると自立神経系のバランスが崩れ、耳鳴りが聞こえるようになることがあります。

 

自立神経系のバランスとは、「交感神経」と「副交感神経」のバランスのことで、交感神経は身体が活動的なときに身体の各器官に働きを促し、副交感神経は身体がリラックスしているときに身体の各器官に働きを促します。

 

ストレスが溜まると交感神経ばかり働くことになり、血圧が上がり血流が増えます。それが続くと耳の中や脳の血流に異常が生じ、耳鳴りや頭痛、めまい、のぼせ、肩こりなどが起こるようになります。このような症状が出る場合、自律神経失調症と診断されることもあります。自律神経失調症になると免疫力も低下するので、内耳や中耳が細菌に感染して炎症を起こして耳鳴りが聞こえるようになることもあります。

 

また、免疫力が低下するとヘルペスウイルスなどにより帯状疱疹になり、それが原因で耳鳴りを引き起こすこともあります。「ヘルペス」とは、水ぶくれが集まった状態を言います。

 

さらに、そうやって発生した耳鳴りが続くと今度は耳鳴り自体がストレスになり、悪循環になる恐れもあります。

 

それから、自己防衛本能により耳鳴りが発生するという説もあります。嫌な上司や嫌いな人などから話しかけられるとストレスに感じる場合、聞きたくない音を妨害するために、本能的に耳鳴りがなることもあるらしいです。

 

ストレスが原因で聴こえる耳鳴りは「キーン」という高い音であるケースが多いです。

 

 

対策

 

この原因に対する耳鳴り対策としては、とにかくストレスを溜めないことです。軽い運動や入浴など自分なりのストレス解消法を見つけて心身ともにリラックスさせると良いです。また、睡眠不足や疲労もストレスの原因となるので、自分なり安眠法や疲労回復法を見つけることも大切です。

 

それから、お灸やツボ押しが効くこともあります。特にお灸は血行改善や筋肉緊張の緩和、心身のリラクゼーション、ストレス解消などの効果が期待できるため、耳鳴り改善に役立つことがあります。

 

また、耳鳴りに効果的と言われるツボは「聴宮(ちょうきゅう)」と呼ばれる場所になります。

 

耳鳴り,原因,対策,悪化,改善

 

口を閉じていると顎の骨があるので、骨を押さないように口をあけて、ツボ押しは力を入れすぎないようにリラックスしながら行いましょう。

 

自己防衛本能的に耳鳴りが発生している場合は、嫌な人と関わらない環境に身を置くことでストレスから開放され、改善する可能性があります。

 

自律神経の乱れが原因で「キーン」という高い音が聴こえる場合は、蜂の子を摂ってみるのも良いとされています。

 

蜂の子が耳鳴りに効果的な理由とは?

 

また、高血圧が原因で耳鳴りが聴こえる場合は、DHA・EPAが効果的に働いてくれるようです。

 

DHA・EPAが耳鳴りに効果的な理由とは?

 

 

ホルモンバランスの悪化

 

現在、耳鳴りは20〜30代の女性に増えてきています。その原因はストレスによるホルモンバランスの乱れによるものです。

 

ストレスでホルモンバランスが崩れる

耳の中にリンパ液が溜まる

むくんだ状態になる

耳の中が圧迫される

音が聞こえにくくなる

低音の耳鳴りが聞こえるようになる

 

このことから、耳鳴りは難聴の始まりであるケースが多いと言われています。また、耳鳴りのメカニズムはこのようになります。

 

音が聞こえにくくなる

自律神経がそれを補おうと活発に働く

異常な信号を出す

それが耳鳴り

 

 

対策

 

慢性的に耳鳴りが聞こえるようなら、早めに病院に行った方が良いです。日常生活でも、

 

  • ストレスを溜めない
  • 良質の睡眠を取る
  • 健康的な食生活をする(1日3食しっかり食べる)
  • 適度な運動をする

 

などの生活習慣の改善を心がけることで、ホルモンのバランスが整えられて耳鳴りが治まることもあります。特に運動をすることは、ストレス解消や快眠にも役立つので、積極的に行うことをおすすめします。

薬剤性内耳障害

 

抗がん剤、高血圧治療薬、抗生物質、鎮痛解熱剤などの薬の副作用で起こる内耳の障害により、耳鳴りが聞こえることがあります。耳鳴りで病院に行く際は、普段飲んでいる薬を医者に伝えることも重要となります。

 

難聴(聴力の低下)

 

耳鳴りは難聴(聴力の低下)が原因であることが多いです。難聴の原因には次のようなものがあります。

 

(1)加齢(老人性難聴)

 

歳を取るに連れ、聴力が低下(難聴)して耳が遠くなることで耳鳴りが聞こえるようになることがあります。高齢者の約30%が耳鳴りを感じているとも言われています。内耳や神経、血管などの老化が原因で、個人差はありますが、50歳頃から始まります。高い音から聞こえにくくなります。そのような老人性難聴が原因で耳鳴りが起こる場合、めまいは起こらないのが特徴です。

 

通常は耳から入ってくる空気の振動を「蝸牛(かぎゅう)」と呼ばれる場所で電気信号に変換し、脳に送られます。しかし、蝸牛が老化することで振動を電気信号に変換できなくなってしまうことがあり、それが難聴と言われています。

 

さらに、脳の中には「視床(ししょう)」と呼ばれる場所があり、そこに蝸牛からの電気信号が送られ、音の選別や調整が行われます。しかし、難聴により脳に送られてくる電気信号が少なくなると、視床は電気信号を受け取るために感度を上げようとします。

 

脳の中では他にもいろんな電気信号が交錯しているので、感度が上がってしまうとそれらの信号を雑音として感知してしまい、「キーン」というようなその人にしか聞こえない音を作ってしまうことになります。高齢者の難聴による耳鳴りはキーンというものが多いのはそのためです。

 

通常ならすぐに感度は元に戻りますが、脳が興奮状態にあると、その感度を上げ続けてしまいます。耳鳴りは気にすればするほどひどくなるというのは、悩むことによって脳の興奮状態が続いてしまうため、悪循環に陥っているということです。

 

また、聴力の低下により、これまで聞き取れなかった周波数の音が耳鳴りを引き起こしているという説もあります。

 

老人性難聴の対策

 

老人性難聴の場合、補聴器を利用することで耳鳴りが改善される場合があります。そのプロセスはこうです。

 

補聴器を使って聞こえにくい音を増幅させる

脳に届かなくなっていた信号を復活させる

視床は感度を上げる必要がなくなる

耳鳴り改善

 

補聴器による治療を行う場合は、まず補聴器相談医がいる病院に行きます。そして、適合する補聴器のタイプや調整具合を診てもらい、販売店を紹介してもらいましょう。値段は1つ10万くらいでレンタルしてくれるところもあります。

 

また、補聴器はなるべく長時間つけるようにした方が良いです。それは脳が新しい音に慣れるのに時間がかかるためです。

 

それから、普段は耳鳴りが気にならなくても、静かな場所に行くと耳鳴りが聞こえる場合は、川のせせらぎや木々のさえずりなどの自然の環境音やラジオなどを聴きながら寝ると症状を軽減できます。

 

耳鳴りの治療法は補聴器を使わない場合も含めていろいろあるので、お近くの耳鼻科で耳鳴りの専門医を紹介してもらうのが良いでしょう。

 

また、初期段階の耳鳴りには「イチョウ葉エキス」、しばらく耳鳴りが続いている場合には「蜂の子」が効果的と言われています。

 

イチョウ葉エキスが耳鳴りに効果的な理由

 

蜂の子が耳鳴りに効果的な理由

 

 

(2)耳の詰まり

 

耳垢栓塞(じこうせんそく)という耳垢が詰まる病気が原因で耳が詰まり、耳が聞こえなくなることがあります。耳垢栓塞(じこうせんそく)の原因の一つには、耳掃除をする際に耳垢を奥に押し込んでしまっていることがあります。よく綿棒で耳掃除をする方は注意しましょう。

 

 

(3)内耳の炎症

 

中耳炎や内耳の血流が悪くなる内耳循環障害、ウイルスによる内耳の炎症などが考えられます。突然片耳が聞こえなくなるケースが多く、「突発性難聴」と呼ばれています。「突発性難聴」になると、耳鳴りの他にも吐き気や嘔吐、めまいなどが起きることもあります。

 

 

(4)音響性外傷(ロック難聴、ヘッドホン難聴とも呼ばれる)

 

音楽ライブやクラブなどで大音量の流れるスピーカーのそばにいると耳に違和感を感じることがあります。それは内耳にある「蝸牛(かぎゅう)」と呼ばれる場所の細胞が傷つくことが原因で起こります。ヘッドホンやイヤホンなどで大音量で音を聞いていてもなることがあります。音響性外傷は症状が軽ければ、時間の経過とともに蝸牛の細胞が修復して治ることが多いようです。

 

 

病気

 

風邪で熱を出したり、鼻水を沢山出したりしていると耳鳴りがすることがあります。また、鼻や喉の細菌が中耳に入ることで感染が起こって発症する「急性中耳炎」でも耳鳴りが聞こえることがあります。中耳炎で耳の中に膿が溜まることにより、痛みや難聴、耳鳴りを引き起こすことがあるのです。

 

それから、外耳炎や内耳炎、鼓膜炎などでも耳鳴りが起こることが多いですし、稀に、耳硬化症や外リンパろう、耳管開放(狭窄)症でも耳鳴りが起こることがあります。

 

その他にも、聴神経腫瘍などの聴神経の病気や脳出血、脳梗塞、脳腫瘍などの脳の病気が原因で耳鳴りが聞こえることもあります。

 

病名がはっきりしていれば、病状が回復するにつれて耳鳴りも改善するので、まずは原因をはっきりさせることが大切です。

 

対策

  • まずは耳鼻咽喉科に行くこと。

ただし、医者でも原因がわからない場合は精神安定剤やビタミン剤、血管拡張剤などの薬を処方されることが多いです。その場合はセカンドオピニオンとして、他の病院を訪ねてみることも頭に入れておいた方がいいかもしれません。

 

医療機関によっては内耳細胞の興奮を抑えるために、局所麻酔剤を静脈注射することもありますし、耳鳴りに効果的な漢方やカウンセリングによる心理療法を行っているところもあります。

 

気圧の変化

 

山に登ったり、展望台のエレベーターや飛行機の離着陸などで高低差のある場所を移動したりすると、耳が詰まったような感覚になり、耳鳴りが聞こえることがあります。

 

対策

  • 鼻を摘んで口を閉じた状態で、息を吸ったり吐いたりする。
  • あくびをする。

 

その他の原因

 

耳鳴りは、高血圧や糖尿病、貧血、精神疾患などの全身疾患が原因で起こることもあります。しかし、その場合、原因の特定は難しいと言われています。
また、頭蓋骨のゆがみや顎関節のゆがみが原因でなる場合もあります。